メタボリックシンドローム 診断基準 | メタボ対策と予防

メインカラムinformationスペース
ココはメインカラムinfoスペースです。
メタボリックシンドローム 診断基準 | メタボ対策と予防 記事一覧

スポンサーサイト

-

一定期間更新がないため広告を表示しています


-|-|-|-

メタボリックシンドロームの診断基準

このサイトを作った2年前は、まだメタボリックシンドロームという言葉は一部の方にしか浸透していませんでした。

ところが2008年にはメタボ健診が健康診断の検査項目なるほど、今では知らない人がいないという状態です。

私の周りでも、普段の生活の中でメタボ予防を意識している人が多くなりました。
内臓脂肪やウェスト周りを意識している人は多いのですが、
メタボリックシンドローム診断基準まで、熟知している人はまだ少ないみたいです。

複合型リスク症候群を「メタボリックシンドローム」という概念のもとに統一しようとする世界的な流れの中、
日本肥満学会、日本動脈硬化学会、日本糖尿病学会、日本高血圧学会、日本循環器学会、日本腎臓病学会、日本血栓止血学会、日本内科学会の8学会が
日本におけるメタボリックシンドロームの診断基準をまとめ、2005年4月に公表しました。

あらためて、診断基準を書いておきますね。

メタボリックシンドロームの診断基準

メタボリックシンドローム診断基準では、必須項目となる
内臓脂肪蓄積(内臓脂肪面積100平方cm以上)のマーカーとして、ウエスト周囲径が男性で85cm、女性で90cm以上を「要注意」とします。

その中で
血清脂質異常
(トリグリセリド値150mg/dL以上、またはHDLコレステロール値40mg/dL未満)
血圧高値
(最高血圧130mmHg以上、または最低血圧85mmHg以上)
高血糖
(空腹時血糖値110mg/dL)

これら3項目のうち2つ以上が該当する場合を
メタボリックシンドロームと診断する、と規定しています。


-|-|-|-
1
Copyright © メタボリックシンドローム 診断基準 | メタボ対策と予防 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
Designed by SEOテンプレートKAETEN