メタボリックシンドロームの先には何があるの? | メタボ対策と予防

メインカラムinformationスペース
ココはメインカラムinfoスペースです。
メタボリックシンドロームの先には何があるの? | メタボ対策と予防 記事一覧

スポンサーサイト

-

一定期間更新がないため広告を表示しています


-|-|-|-

メタボリックシンドロームの先には何があるの?

メタボリックシンドローム (Metabolic Syndrome) とは、内臓脂肪型肥満(内臓肥満・腹部肥満)に高血糖・高血圧・高脂血症のうち2つ以上を合併した状態。
WHO、アメリカ合衆国、日本では診断基準が異なるため注意を要する。
以前よりシンドロームX、死の四重奏、インスリン抵抗性症候群などと呼称されてきた病態のこと。

それぞれ単独でもリスクを高める要因であるが、メタボリックシンドロームの定義を満たすと相乗的に動脈硬化性疾患の発生頻度が高まるため、ハイリスク群として予防・治療の対象とされている。
特に内臓脂肪の蓄積が問題視されており、男性のリンゴ型肥満、女性の洋ナシ形肥満に対して注意が呼びかけられている。

しかし、日本の中年男性の半分近くがこの「シンドローム」またはその予備軍に該当するものであり、果たして「疾患」として扱うのが妥当であるかどうか議論になっている。

ストップ!THE動脈硬化
メタボリックシンドロームという概念が確立された目的は、
動脈硬化による循環器病心筋梗塞、狭心症、脳梗塞、閉塞性動脈硬化症などをいかに予防するかということです。

動脈硬化は、ある程度症状が進まないかぎり、なかなか症状として出にくい病気です。
しかも、動脈硬化による循環器病は働き盛りに突然発症することが多く、生命に関わる重大な病気であり、後遺症も深刻です。
メタボリックシンドロームを放置しておくと、やがては動脈硬化を引き起こします。
動脈硬化にならないために、メタボリックシンドロームの段階できちんと改善しておく必要があります。
メタボリックシンドロームの状態を放置しておくということは、動脈硬化という滝つぼへと、まっさかさまに落ちていくようなものです。

-|-|-|-

スポンサーサイト

-

-|-|-|-
関連記事一覧
    Copyright © メタボリックシンドロームの先には何があるの? | メタボ対策と予防 All Rights Reserved.
    当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
    Designed by SEOテンプレートKAETEN